大阪大学大学院 > 人間科学研究科 > 社会環境学講座 > 経験社会学研究室
ホーム   研究室紹介   教員・院生   研究成果    

研究室の特徴

本研究室の開講科目を中心に履修していくことで、一般社団法人社会調査協会によって認定・授与される、社会調査士および専門社会調査士の資格を取得できます。

実際の社会調査、なかでも大規模なアンケート調査については、研究室の共同プロジェクトとして行われます。その中での議論や共同作業を通じて、研究テーマや調査法(データの収集方法・分析方法)について学ぶことができます。

現在のプロジェクト

現在、わたしたちは階層と社会意識研究プロジェクト(SSPプロジェクト)に組織メンバーとして講座全体で協力しています。SSPプロジェクトは経験社会学研究室に事務局をおいています。

わたしたちは1985年SSM調査以来、30年以上の研究教育活動において、全国規模の調査を数年ごとに実施してきました。SSM調査、JIS調査、WP調査、SSP調査などの調査データは、本研究室で運営しているデータアーカイブSRDQで公開されています。

研究報告や合宿の様子(写真)