高槻市民の社会とコミュニティに関する意識調査

2001年2月と5月におこなわれ、2001年度 「先進経験社会学実験実習�・�」、「ライフデータ分析実験実習�・�」 の授業を通して分析を進めています。

授業のレポートをかねたかたちで、2002年7月に報告書を刊行しました。〔本文へはこちらからどうぞ。〕

調査の概要は以下のとおりです。

名称

高槻市民の社会とネットワークに関する意識調査

調査主体

大阪大学大学院 人間科学研究科 社会環境学講座 先進経験社会学・社会データ科学研究分野

対象者とサンプリング方法

調査地:高槻市西北部
調査対象者:20歳〜59歳までの男女
サンプリング方法:エリアランダムサンプリング

調査法・実施時期

調査票は2001年2月と5月に調査会社に委託して、戸別訪問面接法で行った。

回収数

回収票349

調査票

調査票はA4版10ページの冊子。 つぎの項目からなる。

○タイトル・日付・あいさつ・連絡先・記入上の注意
○フェイスシート
性別、生年
○地域への愛着、地域活動
○大学に対するイメージ
○教育意識
○宗教教団に対するイメージ
○宗教意識

調査票の著作権は大阪大学大学院人間科学研究科社会環境学講座先進経験社会学・社会データ科学研究分野に属します。

問い合わせ先:

〒565-0871 吹田市山田丘1-2
大阪大学大学院 人間科学研究科 社会環境学講座先進経験社会学
 助教授 川端 亮
 助 手 菅野 剛

TEL: 06-6879-8069
FAX: 06-6879-8137
E-mail: sugano@hus.osaka-u.ac.jp



E-mail keisya@hus.osaka-u.ac.jp

Created at 2000-01-15. Last updated at 2002-08-07. This page contains Japanese characters, encoded in accordance with ISO-2022-JP.